本文へスキップ

千葉の相続なら黒川税理士事務所にお任せください!

電話でのお問い合わせは043-252-0001

〒263-0054 千葉市稲毛区宮野木町1057-1ドットコム2F

real estate

署名と記名の違いとは?




署名と記名の違いについて?
=↓====================
普段の日常や仕事の中で、サインを求められる機会があります。私は、字がヘタクソですから本当にガソリンを入れた際のサインでもイヤです。

そのサインのことを日本語では署名や記名などと言いますが、そもそも署名と記名は、どのように違いがあるのでしょうか?

署名とは?
=↓=====================
最初に署名ですが、これは「自分の名前を手書きすること」を指します。手書きするということは自分自身の証明でもある筆跡を残すことにもなり、万一裁判等で問題になったとき、本人のサインだという動かぬ証拠となります。

記名とは?
=↓======================
一方の記名の方は、署名以外のサインすべてのことを指します。つまり、手書きではない印鑑スタンプやパソコン印字された文字などを指します。よく、メールの最後に名前を入れることを「署名」と言いますが、本来は「記名」と呼ぶ方が正しいのかもしれません。

証明力が異なるの?
=↓=======================
「署名」と「記名」の異なる点ですが、それは証明力が異なります。

当然、本人の筆跡が残る「署名」の方が証明力に高く、「記名」はそれよりも劣るということとなります。

以前、アメリカに居住のお客様の仕事をした際には大使館発行の「ボイン及びサインの証明書」というものを高額なお金を支払って発行してもらったことがありますが、アメリカなどはサインで証明をし、印鑑などは用いないのですが、日本では印鑑社会ですからサインと印鑑の両方を求められることが多いようです。

申告書を提出する場合には、署名と押印となっておりますが、それ以外の場で記名をする際に捺印が求められることが多いのは、「記名だからせめて印鑑を押すことで証明して下さい」ということだと思います。

また、その際の印鑑も、実印(役所に届け出ている印鑑)であることが望ましいとされています。ただし、重要な契約の場合だけです。



u⇒坪・畳